糖尿病の種類と原因

糖尿病は40歳以上の4人に1人が発症しているといわれている生活習慣病で、加齢はもちろんのことストレスや肥満などさまざまな要因で引き起こされます。

糖尿病には大きくわけて3つの種類があり、生活習慣の悪化によって起こるものがほとんどなのですが、先天性のものもあります。
こちらでは、糖尿病の原因を種類ごとで見ていきましょう。

糖尿病とインスリン

食事を通して摂取された栄養素の一部は糖として腸から吸収されており、糖は血液の流れにのって身体のあらゆる臓器へと運ばれています。

血糖が全身の臓器に届くと、インスリンというホルモンの働きによって臓器に血糖が取り込まれてエネルギーとして利用したり蓄えたり、タンパク質の合成や細胞の増殖を促したりします。

糖尿病とインスリン

インスリンは血糖が臓器の細胞に取り込まれる際に、細胞の入り口を開ける役割を果たしているのですが、インスリンの分泌量が不足していたり働きが低下していたりすると、血糖が細胞に取り入れられずに血糖値(血液内のグルコースの濃度)が上昇してしまいます。

そのような状態(高血糖状態)が続くと、全身の血管がダメージを受けてさまざまな合併症を起こす原因となるのです。

食事を通して摂取した糖が正常に身体の中で処理されるには、インスリンの分泌量や働きが非常に重要なのです。

糖尿病の種類と原因

糖尿病の原因は大まかにいうと、「インスリンの分泌量が足りない」「インスリンが効いていない」の2つあります。

インスリンの分泌量に関しては、アジア人はインスリンが欧米人比べて半分程度しか分泌されていないと言われており、もともと糖尿病になりやすいのです。

インスリンが効いていない点については、内臓脂肪からインスリンを効きづらくする物質が分泌されます。
内臓脂肪が多いとインスリンが働かなくなるのです。

糖尿病には大きくわけて1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病の3種類があるのですが、95%が2型糖尿病だとされています。

ここでは、それぞれの原因について見てみましょう。

2型糖尿病

2型糖尿病の原因

2型糖尿病は血糖値が正常より高くなる病気で、糖尿病の95%を占め、一般的に「糖尿病」と言うと2型糖尿病を指すことが多いでしょう。

2型糖尿病はほぼ無自覚でゆっくりと進行し、重症化するまで症状が現れないことが多いのですが、現れるとすると次のような症状が少しずつおこります:

・疲労感
・貧尿
・目のかすみ
・勃起障害(ED)
・怪我が治りにくい
・喉の渇き など

2型糖尿病は主に生活習慣が原因で引き起こされる病気で、下記の生活習慣が糖尿病のリスクを高めるとされています:

・暴飲暴食
・ストレス過多
・飲酒
・喫煙 など

1型糖尿病

1型糖尿病の原因

1型糖尿病は膵臓がインスリンを生成することができない状態で発症するタイプで、注射でインスリンを取り込む必要があるので、かつては「インスリン依存型糖尿病」とも呼ばれていました。

1型糖尿病の患者は糖尿病患者の10人に1人もおらず、成人では小児の発症と比べて少なくないといわれています。
しかし、成人の1型糖尿病の多くは誤診されており、適切な治療を受けるのが遅れるケースが多いようです。

1型糖尿病になる原因は未だはっきりと解明されていないのですが、考えられる原因として下記の2点があげられます:

・1型糖尿病にかかりやすい体質である
・何らかの原因で膵臓の一部が機能していない

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは妊娠中にはじめて発見された糖代謝異常を指します。
妊娠前から糖尿病だと診断された人は該当しません。

妊娠中の身体はインスリン分泌量を増やして調整するしくみが備わっているものの、インスリン不足や機能低下がある場合に血糖値が正常値を超えてしまうことがあるのです。

妊娠糖尿病になりやすい人は、

・家族に糖尿病になった人がいる
・35歳以上
・肥満気味
・今までに出生体重が大きい子を出産した
・連続して尿糖が出た、または+++が出た

妊娠中は妊娠糖尿病を含めてなりやすい病気がいくつかあるので、妊婦健診を定期的に受けるようにしましょう。

過去にチェックした商品
CHECKED ITEM