EDの治療方法

ED(勃起不全)は、生活習慣や持病、年齢など個別の要因によって症状の度合いが異なります。

実はEDを根本的な意味で完治させることは難しく、「こうすれば治る」という明確な治療方法はありません。
EDの治療は、勃起しない状態を勃起できるコンディションに促すという対症療法です。

その場しのぎの手段にも聞こえますが、勃起の成功率を上げる方法としてもっとも多く選ばれているのがED治療薬の服用です。
投薬ですぐに勃起できるようになるためEDが治ったかのように錯覚しがちですが、普段からEDの原因症状に向き合う必要があります。

病気の治療は長期に渡ってしまうことがほとんどですが、EDは自然に治る病気ではありません。
「EDかもしれない・・」と心当たりがある人はすぐに解決策を検討し、早めに行動を起こしましょう。

即効性の高い改善策

ED治療薬の服用

ED治療薬にはバイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類あり、それぞれジェネリック医薬品も販売されています。

いずれも、EDの原因物質であるPDE5を阻害して勃起に必要な血流を起こすという働きは共通。
薬剤の特徴や違いは以下の通りです。
即効性や持続時間など、ライフスタイルや好みによって使い分けます。

バイアグラ レビトラ シアリス
商品名 バイアグラ レビトラ シアリス
有効成分 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル
形・色 青色、ひし形 オレンジ色、円形 クリーム色、涙形
即効性
(効き始めるまで)

服用から約30分

服用から約20分

服用から1~3時間
持続力
(作用時間)

約5時間

5~10時間

20~36時間
特徴 世界初のED治療薬。
強力な勃起力が得られる半面、副作用が出やすい。
第2のED治療薬。
水に溶けやすく即効性に優れているが、副作用が強く現れやすい。
世界シェアNO.1のED治療薬。
副作用が少なく、初心者にも使いやすい。

ICI療法(注射)

ED治療薬を服用できない事情がある場合には、ISI療法が選ばれます。
プロスタグランジンE1という成分をペニスに注入し、強制的に勃起を起こさせます

ISI療法の勃起成功率は98%で、即効性の高さも大きな特徴です。
注射後5~10分で勃起がはじまり、30分後には硬さが最大限に達します。作用の持続時間は3時間ほどで、この間は射精しても勃起が持続。
EDだけでなく早漏の改善にも効果的です。

ED治療薬と同じでISI療法も自由診療のため、1回の注射で約10,000円の費用がかかるというデメリットがあります。

地道な改善策

EDの発症や悪化を防ぐためには、血流を妨げる習慣を改める必要があります。

✔ 偏った食習慣(脂っこい食事が好き、アルコールの摂りすぎなど)
✔ 運動する習慣がない
✔ 喫煙している
✔ 睡眠不足、睡眠時間が安定していない

EDを増長させるライフスタイルを見直し、血流のよい身体作りを心がけましょう。

生活習慣の改善

脂質や糖質が多い食事は、ドロドロ血液の原因です。
まずは、血流アップに役立つ食事を意識しましょう。

▶サラサラ血液に有効な食べ物

納豆(ナットウキナーゼ)
青魚(DHA、EPA)
梅干し(クエン酸)
緑茶、赤ワイン(ポリフェノール)
わかめ、昆布(アルギン酸)
カボチャ、ニラ、アスパラなど(ビタミンE)
ピーマン、小松菜など(ビタミンC)

食事の改善に続いて重要なのが禁煙です。
喫煙はスムーズな血流の大敵。スパッとやめることが望ましいですが、いきなりの禁煙はなかなか難しいものです。
できる範囲で我慢を続け、段階的に摂取量を減らしていってください。

筋トレに挑戦

筋力の低下も血行不良の原因です。
人間は下半身に筋肉量が多いので、ランニングやスクワットといった下半身を鍛えるトレーニングメニューが効果的です。

運動習慣がない男性にとっては、筋トレがストレスや過度な疲労の原因になりかねません。
日常生活のなかで少しずつ歩く距離を増やす、軽いトレーニングを始めてみるなど、負担なく続けられることから始めてみましょう。

下半身に効く運動としてサイクリングが思い浮かぶかもしれませんが、自転車は要注意です。
長時間サドルに座り続けるとペニス周辺の血管や神経が圧迫され、EDを悪化させる可能性があります。

過去にチェックした商品
CHECKED ITEM