ザガーロとは

ザガーロは、プロペシアに次ぐ2番目のAGA治療薬です。
日本では2016年に販売開始され、プロペシアの1.6倍もの増毛作用を持つことから最新かつ最強のAGA治療薬として注目を集めています。

有効成分はデュタステリドといい、前立腺肥大の治療薬にも用いられています。
ザガーロはAGA治療に特化した成分量で作られており、抜け毛の原因ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える働きがあります。

3~6ヵ月以上の継続服用により、抜け毛の減少や毛量の増加といった変化を実感できるようになります。

ザガーロの効果

【ザガーロの効果】
AGA(男性型脱毛症)による抜け毛の進行を抑えます

ザガーロは、AGAの原因であるDHTの生成を阻害することで抜け毛を予防し、新たな髪の成長を助けます。

AGAは、DHTによって毛母細胞が損傷され、ヘアサイクル(髪の生え変わり周期)が乱れるために起こる脱毛症です。
DHTは、男性らしさの形成に働きかけるホルモン・テストステロンと5αリダクターゼ(5α-還元酵素)という酵素が結びついてできる変性ホルモンです。

ザガーロは先に5αリダクターゼと結合して、テストステロンの変性を妨げます。新たなDHTを作らせず減少させていくことで、毛母細胞を死滅から守ります。

5αリダクターゼⅠ型Ⅱ型の両方に作用します

DHTのもとである5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型の2種類があります。

Ⅰ型▶体毛の皮脂腺に存在
Ⅱ型▶髭や前頭部~頭頂部の毛乳頭細胞に存在

AGAにはⅡ型が大きく関わっており、5αリダクターゼⅡ型とテストステロンの結びつきを阻止できれば抜け毛・薄毛の進行は止められるとされています。
しかし、5αリダクターゼの影響を受けやすい遺伝子を持っている人やⅠ型の活性が強い人の場合は、Ⅰ型とⅡ型の両方を抑えなければ大きな改善は期待できません。

ザガーロは5αリダクターゼⅠ型Ⅱ型のどちらにも作用することから、Ⅱ型にのみ作用するプロペシアよりも高い効果が得られます

毛髪量の増加率は、プロペシアの1.6倍です

20~50代のAGA患者を対象に行なわれた臨床試験では、ザガーロの服用で89.6本、プロペシアの服用で56.5本の増毛が確認されています。
(※服用期間/24週間、直径2.54cmの頭頂部円内の毛髪量比較)

また毛髪の太さにおいても、ザガーロを服用した場合はプロペシアの1.5倍の改善が確認されています。

ザガーロの飲み方

【ザガーロの服用方法】
1日1回、1カプセルを服用します

1日の最大摂取量は0.5mgまで。カプセルは0.1mgと0.5mgが展開されていますが、0.5mgの選択が一般的です。

服用のタイミングについて、特に指定はありません。
食前や食後、起床時、就寝前など、毎日忘れずに服用できるよう習慣づけましょう。

ザガーロの有効成分は体内に長く留まる性質を持っていますが、血中濃度を一定に保つためにも毎日同じ時間帯での服用が勧められています。
有効成分が常に体内にあることで、5αリダクターゼに対する阻害作用が維持されます。

6ヵ月以上の継続服用が推奨されています

ザガーロの効果が判断できるのは6ヵ月目以降とされています。

乱れたヘアサイクルが正常化するまでに少なくとも3ヵ月は必要で、髪の成長期を取り戻してから健やかな育つまでにも時間が必要です。

またミノキシジル製剤との併用によって、発毛・育毛が促されます。
ザガーロの服用と並行してミノキシジル配合の育毛剤を使用する、もしくは内服薬を摂取することで、育毛環境の向上が図れます。

ザガーロの副作用・注意点

【おもな副作用】
勃起不全(4.3%)、リビドー減退(3.9%)、精液量減少(1.3%)

【その他(発症率1%未満)の副作用】
発疹、頭痛、抑うつ、乳房障害(女性化乳房、乳頭通、乳房不快感)、腹部の不快感

また重篤な副作用として、肝機能障害や黄疸が報告されています。
(参照:KEGGデータベース「ザガーロ」

【ザガーロ服用時の禁忌・注意】
・デュタステリドまたはフィナステリドにアレルギーの既往歴がある人は服用できません
・女性(とくに妊娠中、授乳中の人)は服用禁止、カプセルに触れることも避けてください
・未成年者は服用できません
・重度の肝機能障害がある人は服用できません
・服用中止してから6ヵ月以上経過していなければ、献血ができません

ザガーロのジェネリック医薬品

ザガーロは先発医薬品(新薬)です。
AGA専門のクリニックで処方してもらえますが価格はプロペシアよりも高く、継続服用にあたって経済的な負担は大きな課題です。

海外では安価なジェネリック医薬品が流通しており、AGA治療における費用負担の削減に役立てることができます。

商品名 1錠の価格 1ヵ月の費用 6ヵ月の費用
ザガーロ 350円 10,500円 63,000円
デュタス 104.6円 3,140円 15,110円
デュタストロン 89.6円 2,690円 13,490円

先発薬・ザガーロとジェネリック医薬品では、6ヵ月後には50,000円近くの価格差があります。

薄毛や抜け毛の改善・予防には、服薬の継続が欠かせません。
ジェネリック医薬品を選択すれば過度な出費が抑えられ、経済面でのストレスを感じることなく治療が続けられます。

国内では、2020年夏~秋頃にジェネリック医薬品の販売が始まる予定です。

過去にチェックした商品

CHECKED ITEM