シミ・ソバカスの治療方法とセルフケア

できてしまったシミやソバカスを自力で治すのは困難である場合が多いです。セルフケアでなかなか改善が見られなけられば、処方クラスの医薬品や医療レーザーで治療する手段があります。
方法としては以下が挙げられるでしょう。

  • 内服薬
  • 外用薬
  • 医療レーザー

そして正しいセルフケアを行なえばシミやソバカスの予防に繋がり、肌のトーンアップが叶い美白肌に近づきます。
今回はシミ・ソバカスの治療方法や、効果的なセルフケア方法をご紹介していきましょう。

内服薬でシミ・ソバカス治療

トラネキサム酸

シミやソバカスの治療で用いられる内服薬にトラネキサム酸があります。人口合成されたアミノ酸で、抗炎症剤・止血剤として外科手術や抜歯、分娩後出血などの治療に用いられている成分です。

トラネキサム酸は、メラノサイト活性化因子であるプラスミンをブロックし、シミの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあります。
抗炎症作用があるため、肌荒れを予防し炎症性のシミやニキビ跡を改善する効果があり、紫外線で出来るシミ・ソバカスだけでなく肝班も有効です。

ビタミンCやEなどのサプリメントと併用するとさらなる効果が期待できます。

内服薬(処方薬)とサプリメントの違いは?

処方の内服薬は基本的に病院を受診しなければ手に入りませんが、サプリメントはドラッグストアでも購入できます。
サプリメントに処方薬と同様の効果を期待する人も少なくないでしょう。しかしこの二つの目的は異なり、違いを知っておかなければなりません。

内服薬は治療が目的で、症状を抑える働きがあります。作用が早く効果が高い反面、副作用を伴う可能性も。
サプリメントは予防が目的であり、症状というよりも体質を改善させるものです。正しく摂取すれば副作用はありません。そのため即効性はなく、効果を実感するまで継続した服用は必須です。

シミを消し去る、薄くするなど治療レベルの効果を得たいのであれば内服薬、シミができにくい体質(予防)、肌のトーンアップなどを目指すのであればサプリメントを選びます。

外用薬でシミ・ソバカス治療

トレチノインとハイドロキノン

外用薬で治療する場合は、ハイドロキノントレチノインという薬剤が用いられます。
ハイドロキノンはシミの原因メラニン色素の生成を抑制し、またメラニンを作りだす細胞そのものを減少させる効果があります。別名「肌の漂白剤」と言われ、美白効果はビタミンCの約10倍以上です。

トレチノインはビタミンA誘導体で、米国ではシワやニキビの治療薬としてFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)によって認可されています。
ターンオーバーを活性化させる効果により、表皮の深い層にあるメラニン色素を外へ押し出す働きがあり、シミに有効です。

市販の美白クリームにもハイドロキノンは配合されている

美白用美容クリームにもハイドロキノンが配合されている商品はいくつかあります。
病院処方との違いは配合量にあり、ハイドロキノン3%前後であれば市販でも購入可能です。

4%以上の配合は病院処方となり、効果を実感できるまでの早さは病院処方が勝ります。 市販のクリームが3か月~半年程でシミが薄くなるのを実感するのに対し、濃度5~6%の処方薬ハイドロキノンは、効果を感じるまでの期間が1カ月程とされています。

市販クラスであればパッチテストを行った上で問題なく使用が可能です。処方薬クラスのように高濃度であれば、白斑など肌への副作用が懸念されるため慎重に使用します。

医療レーザーでシミ・ソバカスを除去

医療レーザーでシミ取り

最近では医療レーザーでシミやソバカスを取る人も増えてきています。患部にレーザーを照射すると、色素細胞を破壊し、シミが薄くなる、完全に消えるという効果が期待できます。
ただしシミの種類が肝班である場合は、レーザー照射で悪化する場合があるため注意が必要です。

レーザーでシミを改善するのであれば、まずはシミの種類をしっかりと見極める必要があるでしょう。

エステ機器でもシミ・ソバカスをケアできる

エステの光フェイシャルで肌のトーンアップやシミやソバカスをケアしている人も最近では多いでしょう。
医療レーザーとの違いは光の質力にあります。

エステの美容機器は、医療資格を持たずとも扱えるようになっているため、光の質力は弱めです。医療レーザーはエステの光フェイシャルのパワーがさらに強まった物になります。

エステの場合はシミの除去が目的ではなくケア(シミを薄くするなど)を目指し、対して医療レーザーはシミの除去、軽減を目指す治療という括りになります。

肌のトーンアップを目指すためのケア方法

上記治療を行ないシミやソバカスを改善しても、美白ケアを怠れば再び出現してしまいます。日ごろから予防を意識する事が大切です。

正しいケアで肌全体のトーンアップができ、軽度のシミであれば改善も期待できます。 元々の肌の色が濃い人でも、美白ケアで肌全体が明るくなり、透明感がアップするでしょう。
セルフケアとして以下があります。

  • UVケア
  • シミの原因の大半は紫外線であるため、対策は徹底しましょう。塗るタイプの日焼け止めだけでなく、服用して体の中から紫外線対策ができるシェードファクターなどの飲む日焼け止めもあります。

  • 保湿
  • 乾燥肌は肌のバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなります。
    化粧水、乳液、クリームなど自分にあった保湿剤で肌機能を整えましょう。

  • ゴシゴシ擦らない(摩擦しない)
  • 肌は外的刺激によってメラニンを発生させる場合もあるため、肌を摩擦しないように気をつけてください。
    摩擦によってシミのほか、くすみなどの原因にもなります。

  • 食生活を整える
  • ビタミンCは高い抗酸化力があり、言わずと知れた美白の味方です。ビタミンCは紫外線のダメージを防止するのに加えて、コラーゲン生成の働きもある事が報告されています。
    ビタミンEやベータカロチン、リコピンと一緒に摂取するとさらに効果が高まります。 これらの栄養素が含まれる食材を積極的に取り入れましょう。

  • ストレスを溜めない
  • ストレスを感じると体内で活性酸素が大量に発生し、活性酸素の刺激によってメラニンが過剰生成されてしまいます。
    またストレスにより交感神経が活発になり、アドレナリンが放出されます。アドレナリンは女性ホルモンのバランスが乱れる原因で、肌のターンオーバーが崩れ、シミの原因となってしまうのです。

    アロマやリラックスできる音楽を聴く、ショッピングを楽しむなど、自分にあったストレスの発散方法を見つけ、溜めこまないようにしましょう。

    過去にチェックした商品
    CHECKED ITEM